社会福祉法人ホーム塩屋

神戸市において「知的障がい」を持って生まれた
一人ひとりの個性を大切にした支援をおこなっています

トップ 法人概要 さをり工房 クッキー工房 クラフト工房
フレンズハウス グループホーム事業 くがの家 アクセス お問い合わせ
毎年恒例のクリスマス会を開催しました。
ゆりの会、JP労組神戸西部支部、
ボランティアの方々が参加してくださり、
クリスマス会は大いに盛り上がりました。
(2018年12月20日実施)  

クリスマス会の様子

 
  
  「さをり仲間展」も無事に終わり、その後、皆さんが楽しみに
 していたクリスマス会が実施されました。今年の司会はメンバーの
 Nさんが担ってくれました。

 クリスマス会には今年もたくさんの方々が参加してくれました。

 今年は「亀井 玲司」さんのトロンボーンの演奏を聴くことが出来ました。
間近で演奏を聴くのは初めての経験でした。
 

  ピアノ伴奏は亀井さんと20年の伴奏経験のある「石井智子」さんも
 参加してくれました。
  通常、隣り合ってアイコンタクトしながら演奏するのですが、今回は
 ピアノの位置を移動させることが出来なかった為、離れての演奏と
 なり、申し訳ありませんでした。
  

  お食事中のところを撮らせていただきました。

  ボランティアの方々や保護者の方々が食事をとられた後、メンバーも
 きちんと列に並んでお行儀よく食事をとっていました。

 クリスマス会の食事はメンバーと職員が何日もかけて作ったものです。
 JP労組神戸西部支部からのお寿司の差し入れもありました。
 皆様からは美味しかったとの評価を頂きました。
 
  食事のメニューの説明を職員と代表のメンバ―が漫才形式で紹介
 してくれました。

  その後、各工房から1年間の出来事を発表してもらいました。
 

  クッキー工房の東北支援の話は良かったです。
 
  フレンズからは今年の春の研修旅行の思い出について話してくれました。
 
  クラフト工房からは「宇宙クラブ」が発足し、様々な方が作業所に来られて
 楽器を演奏してくれたことを紹介してくれました。

  その後、遅れて会場入りしてきた設立者の鈴木が国際ソロプチミスト神戸
 から長年の功績を評価していただき、感謝状をもらってきたとの報告を
 受けました。

 再びトロンボーンの演奏が始まったのですが音楽に合わせて
踊りたい人を募ったところ、ほぼ全員の利用者が前で踊ってくれました。
JPの寺島さんも一緒に踊っていただきありがとうございました。

 これの後にピアノの演奏でイントロクイズ(曲名当て)を行いましたが、
利用者の反応の速さに皆さん、驚いていました。
【写真拡大出来ます】
 
 その後、毎年恒例となった気功の山名先生から金運向上と美人になる
ツボについて教えていただきました。
 
  お昼過ぎに日頃からお世話になっている「坂口歯科クリニック」の職員
 一同が参加してくださいました。美男美女の来訪に皆さんからは歓声が
 上がっていました。

【写真拡大出来ます】
 
  その後、恒例の利用者へのプレゼントタイムがやってきました。
 今年の魔女はYさんでした。ちょっと緊張していたようです。

 魔女からの提案でボランティアの方々にプレゼントをもらう順番の
書かれた紙を持ってもらい、各工房の代表者が選ぶ運びとなりました。
皆さん、素敵なクリスマス会のプレゼントを喜んでいました。
なお、これらのプレゼントの大半は藤原先生からのプレゼントです。
ありがとうございました。

  この後、世界的に有名な(?)ババンプが飛び入りでクリスマス会に
 参加され、ダンスを披露してくれました。利用者は最初、きょとんとした
 顔で見ていたのですが、踊っているのが当法人のグループホームの
 世話人や支援員の方とわかると大喜びしていました。

 ババンプのダンスに喜ぶ利用者達。

 クリスマス会最後のイベントとして皆で感謝の歌を歌いました。
途中からトロンボーンのアドリブ演奏も入り、大いに盛り上がりました。

【写真拡大出来ます】

 楽しかったクリスマス会はあっという間に終わり、締めくくりの挨拶を
 KさんとKさんがしてくれました。今年のクリスマス会はこれまで以上に
 楽しいイベントが多く、皆様楽しまれたと思います。
 来年も皆様からのサポートをよろしくお願いいたします。

ページのトップに戻る
トップ法人概要さをり工房クッキー工房クラフト工房
フレンズハウスグループホームくがの家アクセスお問い合わせ

Copyright (c) home shioya. All Rights Reserved.