社会福祉法人ホーム塩屋

神戸市において「知的障がい」を持って生まれた
一人ひとりの個性を大切にした支援をおこなっています

トップ 法人概要 さをり工房 クッキー工房 クラフト工房
フレンズハウス グループホーム事業 くがの家 アクセス お問い合わせ
法人概要

ホーム塩屋の理念


 知的ハンディを持って生まれた人たちが、将来自立し、健康で豊かな人生を送れるように一人一人の個性を大切にした支援を行います。

 一人一人の将来を見つめ、根気良く指導し、利用者が「自己決定」し、責任をもって社会の一員としての自覚を身につけられるよう見守っています。

ホーム塩屋の歴史


1983年10月 『ホーム塩屋』設立 垂水区塩屋町の公団住宅の一室
1989年07月 神戸市より小規模作業所として認可される
1993年09月 小規模作業所『くがの家』開設 垂水区陸ノ町
1995年09月 『ホーム塩屋』 垂水区御霊町のマンション「シャトー垂水」4Fに移転
1998年10月 道路向い側の「境ビル」3Fに作業所を移転
2001年07月 小規模作業所『フレンズハウスたるみ』開所 垂水区御霊町
2002年11月 『ホーム塩屋』 社会福祉法人となる
2003年10月 ケアホーム『もも』を開設 垂水区桃山台
2003年11月 『フレンズハウスたるみ』 垂水区天ノ下町に移転
2005年08月 『ホーム塩屋』 垂水区天ノ下町の鉄筋3階建てのビルを購入し移転
2006年10月 ケアホーム『ふれんず』開設 垂水区御霊町
2007年01月 三作業所を統合し、就労継続支援B型の事業所となる
2007年11月 自立訓練(生活訓練)事業を開始し、多機能型事業所となる
2011年03月 ケアホーム「ふれんず」閉鎖。(他県の施設で火災が発生したため
消防法が強化され、マンション全室にスプリンクラー設置が求められた)
2013年03月 ケアホーム「風韻」を開設 垂水区桃山台
2014年05月 グループホーム「風花」を開設 垂水区桃山台
2015年04月 自立訓練を廃止し、就労継続支援B型事業に特化
2015年11月 「クッキー工房」と「フレンズハウス」が移転 現在に至る


理事長あいさつ


 このたび2代目理事長 鈴木 都 の後任として
理事長に就任しました 鈴木 一朗です。
前理事長は
ホーム塩屋の設立者でもあり、社会福祉
に対して多大なる貢献をしたことが認められ、
第47回社会貢献者表彰式典にて表彰されるほどの方です。初代理事長の原 祥結 様も神戸市の福祉に大きく
貢献されて来られた方でした。そのような方々の後任として大きな責任を感じて
います。歴代のホーム塩屋の理事長に恥じぬよう今後もホーム塩屋の発展が出来るよう努力していきたいと考えています。 

 来年は社会福祉法人の改革が行われる年となります。世の中の荒波を乗り越えて今後、
ますますホーム塩屋が発展していくためには保護者、援助者からの協力が必要です。

 利用者がこれまで同様に安心して働けるよう、そして「自分がどう生きるか」を学び、
自立して将来幸せな人生を自分の力で手に入れられるようサポートするというホーム塩屋
設立当初からのポリシーは変えることなく貫きつつ、邁進していきたいと考えています。

どうぞ皆様、よろしくお願いいたします。

協力医療機関の紹介


 ホーム塩屋は地域の方々に支えられています。近隣の医師の方々が当作業所の
協力医療機関として参加しています。
     【川田内科クリニック : 川田 公一 様】
     【坂口歯科クリニック : 坂口 雄一 様】

決算書類


   資金収支
計算書
 事業活動収
支計算書
 貸借対照表  現況報告書
平成28年度         

ページのトップに戻る
トップ法人概要さをり工房クッキー工房クラフト工房
フレンズハウスグループホームくがの家アクセスお問い合わせ

Copyright (c) home shioya. All Rights Reserved.