社会福祉法人ホーム塩屋

神戸市において「知的障がい」を持って生まれた
一人ひとりの個性を大切にした支援をおこなっています

トップ 法人概要 さをり工房 クッキー工房 クラフト工房
フレンズハウス グループホーム事業 くがの家 アクセス お問い合わせ

グループホームの効用


  2003年10月にグループホームを立ち上げてから10年以上が経過しました。当初はやはり
 親亡き後の住居として必要との認識が当法人にもありました。しかし、グループホームで暮らす
 利用者の成長をみてきたことで、グループホームはただの「終の棲家」ではないことを実感して
 います。その効用について下記に箇条書きしたいと思います。

 1.グループホームの利用者同士が交流をもつことが出来る社交の場。
     ・・・他人との上手な付き合い方を学んだり、会話を楽しめる社交性を高められる場所。
       同じ釜の飯を食べる仲間同士、兄弟・姉妹のように仲良くなります。また、生活面でも
       お互いに教え合って過ごすことで身辺自立も出来るようになります。(お風呂での体や
       頭の正しい洗い方などを教え合うことで日々成長しています。)

 2.楽しく会話をすることで老化を遅らせるアンチエイジングの効果
     ・・・会話を通じていろいろなことに興味がわき、またそのことで脳の活性化が起こっているように
        感じています。

 3.親元を離れて生活することで自我が目覚め、精神面での自立が図れる。
     ・・・親元だと親が先に手を出し、問題を解決してしまうため、本人自身が考えることをしなくとも
       生活が出来てしまう。利用者が自分自身で考え、行動することで自信がついてきます。

 4.自分自身がいろんなことに対し興味がわいてくることで好奇心が高まる。
     ・・・ 知識力が向上する。(利用者が文字を書いたり本を読んだり出来るようになる。社会情勢
         についても興味を示す利用者も出てきました。)

 5.障害者が地域に住むことで近隣の周辺住民の方々に障がい者に対する理解が生まれる。
     ・・・ グループホームの近隣の方が利用者が作業所から帰ってくると玄関先で毎日挨拶して
         くれるだけでなく、グループホームの溝の水はけが悪い個所を直してくれたりして
         くれるようになりました。

 6.世話人が健康な食事を作ってくれることで健康に過ごすことができる。
     ・・・ 一般就労した障がい者の方が稼いだ給与で暴飲暴食を繰り返した結果、糖尿病となり、
        その後、仕事を首になって自宅待機となっている方がいると聞いています。
        健康面の管理が出来るのと出来ないのでは将来の人生が大きく変わってしまいます。
        障がい者の方々が健康で元気に過ごせるということは、老後、介護保険料を使う時期を
        遅らせることが出来ます。すなわち、国にとっても(経済面での)メリットがあると思っています。

  このように様々な効果が得られるグループホームが今後も増えることを願っているのですが、消防法
 が厳しくなったことで出来にくくなっているように感じています。それについてはコチラにて詳しくまとめて
 いますのでご覧ください。


ページのトップに戻る
トップ法人概要さをり工房クッキー工房クラフト工房
フレンズハウスグループホームくがの家アクセスお問い合わせ

Copyright (c) home shioya. All Rights Reserved.